教育・学習支援八洲学園大T・Mさん

 私は、学士取得時に高山植物の研究をするために山に足を運ぶことになって以来、趣味としても山登りをするようになり、高山植物の勉強をしていくうちに高山植物の貴重さや価値、素晴らしさを学び、いつかこの分野に関わっていけたらという思いから学芸員に興味を持つようになりました。


 在学中は手が回らなかったため、仕事をしながらも勉強を始め、ついに博物館の実習へと至りました。実習先として、自分の興味のある分野を取り扱っている博物館で実習をしたいという思いがあり、出身である長野県で山と自然の展示を行っている大町山岳博物館での実習を希望しました。


 お忙しい中であるのに実習を受け入れてくださり、時間を割いて準備をしてくださり、博物館の方々には大変感謝をしております。実際5日間という実習はあっという間であり、職員の方々も親切に接してくださったため、毎日充実した日々を送ることができました。


 実習中は、日々の業務に加え、資料収集事業や研究事業の説明や体験をさせてくださいました。また、教育普及事業の一環である小学生を対象にしたイベントの補助を2度も体験させてくださいました。実習を通して、学芸員の実態や課題、山岳博物館の今後の展望を知ることができ、大変貴重な経験をさせていただいたと思っております。大町山岳博物館では、他では真似することができない、持つことのできない、北アルプスを目の前にした立地環境が最大の特徴であると思います。市内の市民への施設として有効に活用し続けていってもらうということも大事かとは思いますが、県外からその唯一の資料や景色を期待して見に来られる方が今後もっと増えてくると思います。そして、その期待に応えることのできる環境やスタッフの方々が揃っており、今後博物館が更に良くなっていくのであろうということも感じることができたので、僕自身、今後の大町山岳博物館が楽しみにもなりました。


 実習をしていく中で、今後自分の思い描いていたようなことに関わっていきたいと強く思うようになりました。そうさせてくださったこの実習と、実習を受け入れてくださった博物館、スタッフの方々に本当に感謝をしております。お忙しい中だったとは思いますが、本当にありがとうございました。

ページ先頭へ