スタッフブログ暑くても一緒

  • hakubisin1.JPG
  • hakubisin2.JPG
まだまだ夏の日差しが容赦ない今日この頃。
夏バテしてだらけてしまう日もあるのではないでしょうか?
ですが、それも人間に限ったことではありませんよね。

例えばハクビシン。
普段は飼育員の影を見るだけで、駆け寄ってきてはご飯をねだり、猛烈アピールを繰り広げますが、暑さの厳しい日にはいつもより反応が鈍く、台の上でだらけていることがあります。特にハクビシン兄妹の兄、『ブー』は、顔だけ起こして期待するような視線を送ってきますが、体の方はちっとも動いていません。お隣の『マメ』と妹の『ビー』は多少の暑さにはめげませんが、『ブー』は特に暑さに弱いようです。

それでも午後の餌を持っていくと、態度は一変。『マメ』は金網付近をうろついたり、よじ登ったりと落ち着きなく動き回ります。『ブー』、『ビー』兄妹は飼育員が入ってくる入口に張り付くように待ち構え、出待ちしています。こうしてすっかりいつも通りの姿に戻る訳ですが、暑いからこそ見られるだらしない姿が、無防備でかわいくもあります。
しかし、それだけ暑い日でも、『ブー』、『ビー』兄妹は、折り重なるように引っ付いていることがあります。正確には、『ブー』が引っ付いていると言った方が、正しいわけですが…。いつも妹にべったりのお兄ちゃんは、時々迷惑そうに追い払われたり、虫の居所が悪い妹に追い回されることもあります。
今年の夏も、兄妹で仲良く、時にはケンカをしながらも、乗り越えていって欲しいと思っています。

左の写真は『ブー』、『ビー』兄妹。こちらを向いているのが『ブー』です。
右の写真は『ブー』単体です。


※先日、以前ブログで紹介したニホンカモシカの『マヤ』が亡くなりました。夏は乗り越えられませんでしたが、最後までよく頑張っていました。

遠藤モナミ

投稿者遠藤モナミ

ページ先頭へ