スタッフブログ付属園まつりで大活躍!

  • tomi-1.JPG
  • tomi-2.JPG
 はじめまして。2017年の4月から付属園の飼育スタッフの一員となりました、富所(とみどころ)です。これからどんどん動物のことを学んでいき、みなさまに動物の魅力をお伝えしていけたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。
 今回は、ホンドギツネの「レン」をご紹介したいと思います。レンは2007年4月に生後間もないころに大町市内で親とはぐれたところを保護されました。保護されたときには、生まれつき左目に毛が生えてるという障害を持っており、野生下では生きていけないと思われたため、本園で飼育することになりました。目に障害があるようには感じさせないくらい元気があり、毎日の生活には支障はないようで、レン自身もあまり気にしていないようです。レンは今年で推定10歳になりましたが、元気いっぱいです。大好きなごはんの時間の前はソワソワと檻の中を歩き回り、早くちょうだいと飼育員を急かします。午後にはお腹いっぱいになってスヤスヤと寝ていることもしばしば。本当に愛くるしい姿を見せてくれます。写真は大あくびをしているところと、檻をガジガジと噛んで甘えているところです。私のお気に入り写真です。
 先日の付属園まつりでは、お客様と飼育員がレンにリンゴをあげるという、餌やり体験のイベントを行いました。レンは人見知りな面もあるので、リンゴを食べるか心配でしたが、当日はパクパクとお客様の手からリンゴを食べました!
お客様からも大好評で、大活躍のレンでした。付属園のアイドル、レンちゃんにぜひ会いにきてくださいね。

富所由希

投稿者富所由希

ページ先頭へ