スタッフブログ今年の冬も大事件!!

tada11.JPG

今年も寒い冬らしい気候が続いていますが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?
付属園では今年の冬もまた大事件が起こりました。12月の初旬頃カモシカのさつきが起立不能になったのです。
給餌に行くと餌場付近で座っており、近づいて触れても立ち上がれませんでした。すぐに緊急保護舎へ移動し、保温を行いました。餌の食いはとてもよく、むしろ狂ったように欲しがるほどです。前肢、後肢共に足先が固くなっており、体を持ち上げられないのはもちろんのこと、ずっと同じ体勢でいるため床ずれになってしまうのではと思うほどでした。

立てないだけで元気はあったため、脂肪を増やすために餌を増やし、少しでも脚を動かせるようになってもらうために足先や脚の筋肉のマッサージを繰り返しました。すると徐々に自分でもぞもぞと動くまでに回復したため、マッサージを継続しながら体を持ち上げて足を自分の力で動かしてもらう歩行練習(リハビリ)を行いました。
現在リハビリの成果で、前肢は思うように動かせませんが後肢はだいぶ力を入れられるようになり、自分の力で下半身を持ち上げることができるようになるまで回復しています。
 下半身を持ち上げられるようになったことでマッサージを少し嫌がるようになり、抵抗するようになってきました。抵抗されると飼育員は大変ですが、元気になってきた証拠でもあるため嬉しいような悲しいような複雑な感情です。

付属園で飼育している動物たちのほとんどは若くはない年齢になってきています。そのため、このような状態になってしまう動物がいつ出てきてもおかしくありません。動物の状態によって対応は変わりますが、動物たちができるだけ苦しまないようにしてあげたいものです。

さつきはこれからもリハビリを継続するので、いつかまた自立できるようになってほしいと願っています。公開を再開した時には、ぜひさつきの姿を見に来てください。

多田晴彦

投稿者多田晴彦

ページ先頭へ