展示情報開催中

大きな水がめとしての北アルプス、そして水のまち大町

大きな水がめとしての北アルプス、そして水のまち大町

企画展

槍ヶ岳から北流し南転する高瀬川、針ノ木大雪渓を水源とする篭川、カクネ里氷……

北アルプスの自然と人

北アルプスの自然と人

常設展

北アルプスの自然と人が織りなす大町の山岳文化をご紹介します。

ライチョウ日記

  • 1日齢 こっちをじーっ 6/24
  • 0日齢 雛が生まれました! 6/23
  • 304日齢 無事に大人になりました 5/15
  • 262日齢 夏の羽に変わってきました 4/3

ライチョウ日記一覧

博物館からの告知情報

  • 6月23日に、ニホンライチョウ2羽の孵化を確認しました。当館では、毎年ニホンライチョウの繁殖の取り組みを行っております。今年は、人工的に子育てを行う、人工育雛の取り組みを行います。雛については、飼育に万全を期すため、非公開となります。成鳥のライチョウにつきましては、引き続きご覧いただくことができます。
  • 博物館では、毎月第3日曜日(家庭の日)とその前日の土曜日を「大町市民無料開放デー」としています。次回は2022年7月は16日(土)と17日(日)です。長野県民の方は、該当日のみ、割引料金でご入場いただけます。
  • このたび当館では、博物館の活動や北アルプスの自然史と山岳文化史などの調査研究に関する学術的な論文・報告等を掲載する刊行物『研究紀要 第6号』を発行しました。
    下記のとおり全文をオンライン版として当館公式ウェブサイト上で公開しておりますので、ご高覧の上、ご活用いただければ幸いです。
    なお、過去に発行した本誌バックナンバーも当館サイトで公開しておりますので、あわせてご利用ください。
    ※本誌は「J-STAGE」(科学技術情報発信・流通総合システム)でも公開しています。

    『市立大町山岳博物館 研究紀要』最新号

記事一覧

ページ先頭へ