スタッフブログ氷点下の付属園

  • Tatsumi_1 (1).JPG
  • Tatsumi_2 (2).JPG
 12月に入ってから冬本番。朝晩の気温は氷点下を下回り、午前中獣舎の掃除に入ると飲み水や糞がカチコチに凍っていることもしばしば…。中旬からは雪も降り、朝から雪かきに追われる日々です。そんな寒さの中、最近付属園で私が少し驚いた出来事を紹介します。
 アオクビアヒルのセレブのエサは細かく刻んだニンジンとキャベツ、鳥用のペレットなどを与えています。セレブはカモの仲間なので水の中や水に浮かんでいるエサを食べます。なので、給餌する際もセレブがエサを食べやすいようにエサ皿の中に水を入れて食べやすくしています。ある日セレブの獣舎を掃除中、いつものように前日に給餌してあったエサ皿を回収しようとしたとき違和感に気づきます。いつもなら水で満たされているエサ皿をこぼさないように移動させるのですが、今日はどうも水が揺れない。運びやすい。ふとエサ皿を見るとエサが凍っています。給餌の際に入れた水が一晩でエサごと凍ってしまったのです。完全に固まっており、指で触っても簡単には崩れそうにありません。まさかエサ皿が凍ってしまうなんて思ってもいなかったので少し驚きました。新しいエサを給餌すると普段は近づくと逃げていくセレブもエサ皿が置かれるのを待ち構えて、急いでエサを口に入れていたように感じました。エサが凍ってしまったのでお腹が空いていたのかもしれませんね。パチャパチャと音を立てて食べている姿はいつ見ても可愛らしいです。
 セレブは連日の寒さで座ってじっとしていることが多くなってきました。獣舎に設置してあるプールにもこの寒さではあまり入る気にはならないようです。ですが掃除のときにはグァグァといつものように鳴いてくれます。まだまだ寒さは続きますが寒さに負けないくらい元気な姿を見せてほしいです。

辰己萌恵

投稿者辰己萌恵

ページ先頭へ